これぞ超ハッカーキーボード、HHKB HYBRID Type-S

最近では、さまざまなキーボードが出回っているが、値段が上がれば上がるほど、ケバケバしいデザインで、でっかくて、扱いづらいものが多くはないだろうか。
そこでこのハッピーハッキングキーボードだ。非常にシンプルかつ小型。
これが死ぬほど使いやすい。ゲーマーやコンテンツクリエーターには、あまり向かないかもしれないが、エンジニアやプログラマーが重宝する一品だ。

Amazonで買う
PFU HHKB Professional BT 英語配列/墨 PD-KB600B

これが梱包内容だ!

現在(2019年12月)では、オマケでキーボードルーフ(4000円税別)が付いてきた!

ハッピーハッキングってどんな意味?


実は、Happy Hackingという言葉はオープンソースのメーリングリストの最後の締め挨拶(敬具)のような形で使われることが多い。「じゃあね」みたいな意味だ。
オープンソース開発者たちが、「開発頑張ってね」という意味でメールの最後に書くのだ。

コミュニティ以外でもHappy ~という表現はよく見られる。たとえば、Happy Holiday、Happy New Year、Happy Birthdayなど、どれも「おめでとう」「良い~を」のような意味が込められている。

え、こんなに小さいの!?

HHKB HYBRID Type-Sの公式スペックは以下の通りだ。

型名PD-KB800BS
インタフェースBluetooth Ver4.2LE Class2、USB Type-C(Type-C – Type-Aケーブル付属なし)
無線操作距離最大10m
カスタマイズ機能DIPスイッチ、キーマップ変更機能(注1)
キー仕様静電容量無接点方式、押下圧45g、3.8mmストローク、シリンドリカルステップスカルプチャ、
キーピッチ19.05mm
キー数60個
サイズ(mm)W 294×D 120×H 40 (キートップ上面まで)
重さ540g (電池含まず)
電源単3形乾電池×2本、USBコネクターからの給電
動作時間アルカリ乾電池使用時の目安:約3カ月(当社環境でのテスト値であり、保証値ではありません)
サポートOSBluetooth接続Windows 8.1 / Windows 10、macOS 10.14以降(注2)
Android 4.4以降、iOS 11.4以降、iPadOS 13.0以降
USB接続Windows 7 / Windows 8.1 / Windows 10、macOS 10.12以降

出典:https://www.pfu.fujitsu.com/direct/hhkb/detail_pd-kb800bs.html

数字だけ見てもぱっとしないかもしれないが、通常のフルサイズキーボードと比べると非常に小さい。

ハイブリッドが意味するところ

この製品名の通り、このキーボードはハイブリッドアプローチを取り入れている。何がハイブリッドなのかというと接続方式だ。有線(USB Type-C)とBluetooth接続が可能だ。Bluetoothだけの接続では、電池を挿入しての使用となる。
ユーザーによっては充電式でないところに疑問を感じるかもしれないが、電池を採用するメリットは十分にある。バッテリーとは必ず劣化するものだ。どんなに気をつけて、いたわる充電を心がけてもいずれは壊れてしまう。バッテリー交換ともなれば高額な修理費が必要となるのは言うまでもない。電池ならばどうであろうか、電池を交換するのは面倒ではあるが、バッテリー故障の心配はない。しかも、有線接続を行っていれば、その電力で電池なしでもBluetoothが使用できる
このようなハイブリッドアプローチを取り入れているキーボードは少ないのではないだろうか。

キー配置が慣れないというあなたに

カッコイイキーボードだけど、使いづらいよ。という人もいることだろう。それならば、練習あるのみ。タイピングゲームで楽しくキーボードに慣れるとよい。

4台同時切り替え可能というハッカープラットフォーム志向

pc-setting

この設定をみていただきたい。
HHKB1台で、タブレット、Mac Book Pro、XPS 13、デスクトップに同時接続できている。しかも、うれしいことにショートカットキーでこれらの操作の切り替えが可能なのだ。これぞ真のマルチタスキングだ。

Type-Sという世界

これまでのHHKBにもType-Sは存在していたが、このハイブリッドアプローチを取り入れたモデルでは初でああろう。このType-Sは静寂性を示している。これを示した動画などが公開されているが、こればかりは実際に聞いてみないとしっくりこないだろう。
感じとしては、静かなカタカタというところだ。また、キーの重さも非常に軽く、押しやすくて長時間タイプしてもストレスが少ない。
ただし、メカニカルキーボードやゲーミングキーボードになれているユーザーには少し軽すぎるように感じられるかもしれない。
しかし、慣れてしまえば問題ない。非常に快適なタイピングを楽しむことが可能になるだろう。サイズも小さいのでどこへでも持って行けることは間違いない。

結局どうなの?

答えは簡単。長時間にわたりタイピングするライターや、コマンドなどを打ちまくるエンジニア、長時間のコーディングを行うディベロッパーには最高のキーボードだ。
そのサイズや重量からも、どこへでも持って行きたくなるキーボードとなることは間違いない。

あくまで、エンジニア、プログラマー、ライター向けだ。
ゲーマーやコンテンツクリエーターには、向かないという点には注意したい。

Amazonで買う
PFU HHKB Professional BT 英語配列/墨 PD-KB600B

コメント

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました